2017年10月19日

海外レビュー速報『ストリートファイターV』

海外で2月16日、国内ではPC版が2月17日に、PS4版が2月18日に発売予定の対戦型格闘ゲームシリーズ最新作『ストリートファイターV』の海外レビュー速報をお届けします。記事執筆時点でMetacriticのPS4版スコア掲載数は25サイトで、メタスコアは83をマーク。最高点がCOGconnectedの95、最低点がWe Got This Coveredの50となりました。全ての大手メディアのレビューが反映された最終的なスコアに注目が集まります。
  

Posted by ははかか at 18:14Comments(0)TrackBack(0)ゲーム

2017年10月08日

『CoD: IW』『CoD: MWR』

地球での戦いから宇宙空間まで飛び出したInfinity Wardが開発するFPSシリーズ最新作『Call of Duty: Infinite Warfare』。本作と『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』の新情報をE3にて公開すると公式Twitterで告知されました。また、トレイラーに映されていたいくつかのシーンに関するディテールも明かしています。

E3では『CoD: IW』と『CoD: MWR』の更なる情報が伝えられるとのこと。どのような形で情報が公開されるかは不明ですが、「ゲームプレイ」と伝えられており、トレイラーでも確認されていた「敵を引き寄せるグラップリングフック」などの更なるディテールが明かされるようです。Twitterにて明かされた内容は以下をご覧ください。  

Posted by ははかか at 16:52Comments(0)TrackBack(0)ゲーム

2017年10月04日

クラゲや海藻などラプチャーが

2K Gamesは、FPS『BioShock』シリーズをリマスターした『BioShock: The Collection(バイオショック コレクション)』の海外向け最新公式比較映像を公開しました。

今回の映像は、一作目となる『BioShock』の冒頭をオリジナル版とリマスター版で比較したもので、安定したフレームレートの他にもラプチャーに生い茂る海藻や漂うクラゲなど、様々なオブジェクトが新たに配置されていることが確認出来ます。さらに、『BioShock』や『BioShock Infinite』などを開発したIrrational Gamesの創設者であるケン・レヴィン氏などが語る「Imagining BioShock」のトレイラーも公開されています。  

Posted by ははかか at 13:41ゲーム

2017年09月29日

カナダ在住の少年が『GTA V』

海外メディアを通じて、『Grand Theft Auto V』をプレイした直後の少年がカナダのハイウェイを暴走した事件が報じられています。

COG Connectedが報じるところによれば、この事件を起こしたのはカナダ在住の11歳の少年。カナダ・オンタリオ州警察は11月27日午後11時、400番台オンタリオ・ハイウェイを北上する暴走車両の通報を受け、制限速度の半分ほどのスピードで走行する車両に接触を試みたとのこと。少年が運転する車両はその後120km/h以上にまで速度を上げ、更なる暴走を続けた模様ですが、大きな事故もなく御用となりました。

警察担当者によれば、無事に身柄を確保された11歳の少年は『Grand Theft Auto』を遊び終わった後で、「自動車の運転」がどのようなものか知りたかったが為に暴走に及んだということです。警察の調べによると事件当時に両親は寝ており、暴走中に目立った被害は見られておらず、当人の少年を含め死者や怪我人は出なかったと伝えられています。  

Posted by ははかか at 13:49Comments(0)TrackBack(0)ゲーム

2017年09月18日

【プレイレポ】謎解きも!

セガゲームスのiOS/Android向けパズルRPG『ぷよぷよ!!クエスト(ぷよクエ)』において、「名探偵コナン」とのコラボレーションイベントの開催が発表されました。イベント開始に先駆け、編集部ではメインストーリーやクエストを遊んできたので「名探偵コナン」に染まった『ぷよクエ』を紹介していきます。

◆ストーリークエスト「みどりぷよ誘拐事件」

メインのストーリークエストは、江戸川コナンや少年探偵団など「名探偵コナン」のキャラクターと、アルルやアミティなど「ぷよクエ」のキャラクターが登場する「みどりぷよ誘拐事件」。このクエストでは、みどりぷよが一斉に姿を消してしまうという事件が発生し、コナンやアルルたちが協力して解決するというシナリオです。幕間のまんざいデモでは、謎を前に悩むコミカルなやりとりや、コナンのヒントをたよりに謎を解いていく「名探偵コナン」さながらの様子が見られました。
  

Posted by ははかか at 12:22Comments(0)TrackBack(0)ゲーム

2017年09月09日

30分超の『鉄拳7』海外ゲームプレイ、

Sony Interactive Entertainment Americaより、30分超におよぶ『鉄拳7』の海外向けゲームプレイ映像が披露されました。

これは米国版PlayStation公式YouTubeの番組「PlayStation Underground」として公開されたもので、映像ではおなじみのシリーズ登場キャラクターからラッキークロエなどのプレイングや“Treasure Hunt”モード、三島親子の壮絶なサーガを紡ぐストーリーモードなどを紹介。平八が一八を谷底へ投げ落とすシーンなど、ダイナミックな親子喧嘩の幕開けが描かれます。

『鉄拳7』のPS4/Xbox One版は6月1日に、STEAM版は6月2日に発売予定。価格は、パッケージ版・ダウンロード版ともに8,200円(税抜)。また、PS4/Xbox ONEダウンロード版のみ、2017年6月28日まで、早期購入価格7,380円(税抜)となります。  

Posted by ははかか at 14:24Comments(0)TrackBack(0)ゲーム

2017年08月30日

『PROJECT CARS 2』本場のプロがテスト!

バンダイナムコエンターテインメントは、Slightly Mad Studiosが開発しているリアルレースシミュレーション『PROJECT CARS 2』の開発映像を国内向けに公開しました。

今回の映像は、「McLaren 720S」にスポットを当てており、『PROJECT CARS 2』ゲーム内における再現の工程を紹介しています。再現にあたっては、マクラーレンのチーフテストドライバー、クリス・グッドウィン氏が実際にゲームをプレイ。2017年3月に発表されたばかりの「McLaren 720S」構築には様々な努力とテストが必要だったようですが、グッドウィン氏も最終的には太鼓判を押しています。

『PROJECT CARS 2』は、PS4版が9月21日、PC版が9月22日に国内発売予定。価格はPS4パッケージ版/ダウンロード版が7,200円(ダウンロード版のみ早期購入価格:6,480円―2017年10月18日まで)、PS4デラックスエディション版(ダウンロード版+シーズンパス)が9,720円(PS Storeのみで購入可能 ※2017年10月18日までの期間限定販売)、PC(Steam)版が6,480円(すべて税抜)です。また、海外ではXbox One版もリリースされます。  

Posted by ははかか at 13:26Comments(0)TrackBack(0)ゲーム

2016年04月23日

山田孝之主演「勇者ヨシヒコ」 深夜の低予算冒険活劇年内に復活

俳優・山田孝之主演、福田雄一監督による『勇者ヨシヒコと魔王の城』『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』に続く待望の第3弾『勇者ヨシヒコと導かれし七人』が年内にテレビ東京系で放送されることが23日、明らかになった。この日の昼下がり、東京・新宿東口界隈に続編制作決定の告知宣伝カーが出現し、見かけた人たちが写真を投稿するなどして、SNSも賑わっている。
  

Posted by ははかか at 17:06Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月04日

『WAS レピドプテラの砂時計』

国内外のビジュアルノベルゲームをローカライズしている海外パブリッシャーSekai Projectは、2月27日、日本の同人サークルS.R.L(Spacetime Research Laboratory)開発のアドベンチャーゲーム『WAS -The Hourglass of Lepidoptera-(WAS レピドプテラの砂時計)』のKickstarterキャンペーンを停止したことを発表しました。国内外で波紋を呼んでいるこの騒動について、これまでの経緯や背景をまとめてお伝えします。

本作は鳥取県を舞台にした美少女ビジュアルノベル作品として、国内で2014年8月にリリース済み。Sekai Projectが立ち上げたKickstarterキャンペーンは、この作品の海外向けローカライズを目的としたものとして2014年10月より始動していました。
  

Posted by ははかか at 16:31Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月20日

メカで巨大ダンジョンに挑む

2016年1月20日の23時59分に終了を迎える、PC向けRPG『ACE STRIKERS』の制作を目的としたクラウドファンディングが、締め切り前日となる1月19日に達成を迎えました。

メカに乗り、潜入と脱出を繰り返しながら、巨大なダンジョンを攻略していくRPG『ACE STRIKERS』。主人公は性別が選択でき、また攻略対象は男女を問いません。さらに戦い方にも幅があり、「攻略対象にお仕事丸投げ」といったプレイも可能。選択肢も豊富に用意されており、「主人公の自由さ」も本作における大きな魅力となっています。

もちろんチームメンバーも任意で選択することができ、男女計6名のメンバー候補から3人を選出。「主人公を男性にし、チームメンバー全てを女性だけにしたハーレム風」や「主人公も含め、全員女性で固めた女子会風」など、編成だけでも幅広く楽しむことができる一作です。  

Posted by ははかか at 15:02Comments(0)TrackBack(0)ゲーム

2016年01月09日

後味は良くないが一見の価値のある作品「海と毒薬」

今回は、1980年代の映画において、リアルな描写で衝撃を与えた、86年公開の『海と毒薬』を紹介する。同作は、戦時中に米軍捕虜を生体解剖した「九州大学生体解剖事件」を元にした遠藤周作著の同名小説が原作だ。

 この作品で、重要な点は、演出関係でいうと、手術シーンの描写。ストーリーの方面でいうと、実話を元にした作品なので、いかに医師たちが米軍捕虜の生体解剖に向かっていったのかという部分の説明となっている。

 手術シーンに関しては、当時からそのリアルさで評価されていたが、現在においても、かなり強烈なシーンに仕上がっている。撮影する臓器は、豚などを使用し、さらに血液にいたっては血のりでは水での流れ方が違うということで、スタッフから採血した血液を使っていたらしい。本作はモノクロ映画となっているが、このモノクロ演出のおかげで、直接臓器を映すシーンでも、ただグロテスクになることなく、不気味さを醸し出している。  

Posted by ははかか at 20:50Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月15日

ワコールが男性用パンツを擬人化

女性向けのみならず男性用の下着も手がけているワコールが、このたびパンツを擬人化した「パンツっ娘」を発表し、幅広い方々から投票を求める総選挙を開催しました。

女性用の下着の印象が強いワコールですが、メンズ向けのアイテムも手がけており、このたび発表された「パンツっ娘」は、実際に販売されている男性用下着をモチーフとした“男性用パンツの擬人化少女”となります。

元となった下着の柄をそれぞれ服装に取り入れ、同じ模様のスカートやワンピースに身を包んだ彼女たちは総勢12名。「睦月はなび」や「長月まんげつ」など、生まれた月の名字を持ち、またその名前も時期から連想されるものがつけられている場合も。例えば、2月生まれの「如月はあと」は、バレンタインを想起させます。

そんな12人の「パンツっ娘」たちの総選挙も開始。「パンツっ娘」プロフィールも公開されており、個々人の個性が分かるものから「一緒にいてもいーい?」と、女の子に言われたら嬉しい一言なども掲載。パンツとは良くも悪くも一生の付き合いなので、むしろ一生一緒にいてくれないと困るため、その意味でも力強く頷いておきたい台詞と言えます。  

Posted by ははかか at 16:12Comments(0)TrackBack(0)ゲーム

2015年12月03日

『グランブルーファンタジー』レジェンドガチャ更新のお知らせ

ゲームの企画・開発・運営事業を展開する株式会社Cygames(以下サイゲームス、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邊耕一)は、サイゲームスの子会社である、デザイン制作・ゲーム企画事業を展開する株式会社CyDesignation(以下、サイデザイネイション、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:皆葉英夫)との共同制作によるソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』において、12月2日(水)19:00よりレジェンドガチャに新たなキャラクターが登場することをお知らせいたします。

タルタロス RMT  

Posted by ははかか at 11:07Comments(0)TrackBack(0)

2015年11月28日

ステラセプトプレイようやくゲームシステム

どうも、一週間ぶりの花組公演を満喫してきました怜香@Ray_mnzkです。
一週間経つだけでも演技というものは変わるもので、ちょっとした台詞の言い回し、メリハリのつけ方、声の出し方、細かい仕草などに変化が見られて、着実にみんな進化しているんだなぁとしみじみ思います。こういう変化を楽しめるからこそ、何度も何度も同じ公演に通うわけでして。もちろん、好きなジェンヌさんを何度でも見たいからってのもありますけどね!(笑)
そろそろ新人公演も楽しみになってくる頃合い。今月末なんですよね。既に(それこそ初日からw)お芝居見ながら「この役新公ではあの子がやるのかー」と想像しながら観てたりします。今回の新公配役、本当絶妙なので萌え展開が色々ありそうで楽しみですww

さて、1週間少々前から始めていたステラセプトオンライン。
ああだこうだと頭を悩ませながらもキャラ育成進んでいます。……進んでいるだけでうまく育てられている自信はないけどね!ww
というわけでこれからぼちぼちステラセプトオンラインのプレイ日記書こうかなと。こまめに情報整理しないとやっていけない感あるので、自分のための備忘録も兼ねて。
アークスフィアと違い数年前からあるゲームで、新参者の私のやることは結構的外れな部分もあるかと思いますが、生暖かく見守っていただければ……!  

Posted by ははかか at 22:28Comments(0)TrackBack(0)ゲーム

2015年11月18日

「かぜ薬を飲んでもかぜは治らない」 もう常識ですか?

先日、オンライン病気辞典「MEDLEY」でコラムを書きました。
インターネットや雑誌、新聞、TVなど、様々な情報が氾濫する中で、正しい健康・医療情報を選び取ることは簡単ではありません。MEDLEYでは、情報の信頼性を重視し、数百名の医師などが編集に関わることで「信頼できる情報インフラ」を目指している、とのことです。

下記に転載します。RMT

『かぜ薬はかぜを治せないのに副作用のリスクが高い?』総合感冒薬の適正使用について

普段は健康に自信がある方でも、これからの季節、かぜをひいてしまうことは珍しくありません。今回は、身近な薬である「かぜ薬」についてのお話です。  

Posted by ははかか at 12:30Comments(0)TrackBack(0)

2015年09月23日

【TGS2015】

バンダイナムコエンターテインメントは、「東京ゲームショウ2015」にて、PS Vitaソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』スペシャルステージを開催しました。

ステージでは、「ガンダム」をはじめとするさまざまアニメやゲームに詳しいタレントの椿姫彩菜さんがシャアのコスプレで司会を担当。バンダイナムコエンターテインメントの小菅寛史プロデューサー、坂田圭右プロデューサーが登壇し、PS Vitaで『EXVS.』が遊べるシリーズ最新作『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』の魅力をたっぷり紹介しました。

◆『EXTREME VS-FORCE』、いきまーす!

「『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』、いきまーす!」とゲストに登場したのはアニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの“アムロ・レイ”役でおなじみ、声優・古谷徹さん。「椿姫ちゃんがシャアで来るって言うから、一応僕は“連邦”ということで。おしりのポケット見てください」と、連邦軍の制服をイメージしたタイトな白いパンツのポケットには連邦軍マークの刺繍入り。「すごいでしょ?自腹で作りました(笑)」と、椿姫さんを驚かせていました。

古谷さんはパソコンやゲームにも大変詳しく、『VS』シリーズの最新作にも興味津々。ゲームの進化について問われると「ファミコンでガンダムのゲームが最初に出て(『機動戦士Zガンダム・ホットスクランブル』)、それから30年なんですって?」「そうですね、来年で30年ぐらいです」

「すごいですよね。最初の頃は、横スクロールとか、3Dのスクロールだけで、ただ敵を撃ち落とすみたいな、そんな感じのゲームだったのが、そのうち吹き出しになって台詞が出て、“アムロいきまーす”とか出るようになって。その頃は、そのゲームをやりながら自分で喋ってましたもん(笑)。“いきまーす!”とか“おちろーおちろー!”とか(笑)。自分だけ音声入りって感じのゲームで楽しんでましたけど(笑)。それから実際に台詞が入るようになって。映像が、すごいクオリティ上がってません?」

椿姫さんは「ビームライフルひとつ取っても、すごくキレイですよね」と「ガンダム」を題材にしたゲームのグラフィックの進化について同意。「すごくリアルですよね。まさに実際に戦場に行って戦っているような気持ちになれちゃいますもんね。そこが凄いなぁと思ってます」と古谷さん。

自身が「ガンダム」に携わり、時代が進んで『ガンダム』のゲームに声優として携わるようになっていったからこそ、感慨深げに語っていました。

◆『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』をおさらい

まずは「SCEJA Press Conference 2015」で公開されたティザーPVを振り返ります。  

Posted by ははかか at 12:57Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月21日

『ストリートファイターV』

カプコンは、先月末にログイン障害のため中断していたシリーズ最新作『ストリートファイターV』のクローズドベータテストを再開すると発表しました。

このテストは日本・アジア地域限定となるもので、期間は日本時間8月22日と8月23日の14時から22時までとなっています。なお、CBTは過去に抽選で当たったユーザーのみが対象です。  

Posted by ははかか at 17:10Comments(0)TrackBack(0)

2015年06月24日

『ライブ・ア・ライブ』Wii Uバーチャルコンソール開始

スクウェア・エニックスは、Wii U向けバーチャルコンソールとして、オムニバスRPG『ライブ・ア・ライブ』を本日2015年6月24日より配信開始した。

●7月にはニコ生で28時間ゲーム実況も!

 スクウェア・エニックスは、Wii U向けバーチャルコンソールとして、オムニバスRPG『ライブ・ア・ライブ』を本日2015年6月24日より配信開始した。

 本作は時田貴司氏が初ディレクションを務めたタイトル。1994年9月にスーパーファミコン向けに発売されてから20周年のアニバーサリーイヤーに、バーチャルコンソールとして復活を遂げる。また今回の配信を記念して、コラボレーションキャンペーンなど、さまざまな20周年企画が展開予定。

[関連記事]『ライブ・ア・ライブ』Wii Uバーチャルコンソールで2015年6月24日に配信決定

 以下、リリースより。


『ライブ・ア・ライブ』20周年記念
Wii Uバーチャルコンソールにて配信スタート
さらに、記念企画も続々と開催!


LAL_ロゴ
 株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐、以下スクウェア・エニックス)は、Wii U向けバーチャルコンソールにおいてオムニバスRPG『ライブ・ア・ライブ』の配信を、本日2015年6月24日(水)より開始いたしました。

 『ライブ・ア・ライブ』は、『クロノトリガー』や、『ファイナルファンタジーIV』などを手掛ける時田貴司の初ディレクションタイトルです。1994年9月にスーパーファミコン向けに発売され、時代や場所、遊び方までも全てが異なる7つの世界で展開する奇抜なゲームシステム、それぞれの世界で個性溢れる主人公たちが織りなすストーリーが好評を博してまいりました。
 その『ライブ・ア・ライブ』が、20周年となるアニバーサリーイヤーに、バーチャルコンソールで復活いたします。また、それを記念して、関連作品におけるコラボレーションキャンペーンをはじめ、さまざまな企画で20周年を盛り上げてまいります。

冒険も驚きもひとつじゃない!ワールド・セレクト採用のオムニバスRPG!
 『ライブ・ア・ライブ』は、1994年に発売されたスーパーファミコン用のロールプレイングゲームです。場所も時代も別々の独立した世界で、それぞれの主人公たちが織りなす7つのシナリオを楽しめます。
 プレイする順番は自由に選ぶことができ、クリアすると次のシナリオが選べます。言葉がない世界やバトルのみの世界、アドベンチャー要素の強いシナリオなど、どれも個性豊かなものばかり。
 7 つのシナリオをクリアするともう一つの世界「中世編」がプレイ可能となり、「中世編」をクリアするとさらに…衝撃の結末があなたを待つ!キャラクターデザインはワールドごとに、青山剛昌先生、石渡治先生、小林よしのり先生、島本和彦先生、田村由美先生、藤原芳秀先生、皆川亮二先生(50音順)の人気漫画家が担当し、それぞれの世界観が魅力的に描かれています。  

Posted by ははかか at 14:51Comments(0)TrackBack(0)ゲーム