2015年11月28日

ステラセプトプレイようやくゲームシステム

どうも、一週間ぶりの花組公演を満喫してきました怜香@Ray_mnzkです。
一週間経つだけでも演技というものは変わるもので、ちょっとした台詞の言い回し、メリハリのつけ方、声の出し方、細かい仕草などに変化が見られて、着実にみんな進化しているんだなぁとしみじみ思います。こういう変化を楽しめるからこそ、何度も何度も同じ公演に通うわけでして。もちろん、好きなジェンヌさんを何度でも見たいからってのもありますけどね!(笑)
そろそろ新人公演も楽しみになってくる頃合い。今月末なんですよね。既に(それこそ初日からw)お芝居見ながら「この役新公ではあの子がやるのかー」と想像しながら観てたりします。今回の新公配役、本当絶妙なので萌え展開が色々ありそうで楽しみですww

さて、1週間少々前から始めていたステラセプトオンライン。
ああだこうだと頭を悩ませながらもキャラ育成進んでいます。……進んでいるだけでうまく育てられている自信はないけどね!ww
というわけでこれからぼちぼちステラセプトオンラインのプレイ日記書こうかなと。こまめに情報整理しないとやっていけない感あるので、自分のための備忘録も兼ねて。
アークスフィアと違い数年前からあるゲームで、新参者の私のやることは結構的外れな部分もあるかと思いますが、生暖かく見守っていただければ……!  

Posted by ははかか at 22:28Comments(0)TrackBack(0)ゲーム

2015年11月18日

「かぜ薬を飲んでもかぜは治らない」 もう常識ですか?

先日、オンライン病気辞典「MEDLEY」でコラムを書きました。
インターネットや雑誌、新聞、TVなど、様々な情報が氾濫する中で、正しい健康・医療情報を選び取ることは簡単ではありません。MEDLEYでは、情報の信頼性を重視し、数百名の医師などが編集に関わることで「信頼できる情報インフラ」を目指している、とのことです。

下記に転載します。RMT

『かぜ薬はかぜを治せないのに副作用のリスクが高い?』総合感冒薬の適正使用について

普段は健康に自信がある方でも、これからの季節、かぜをひいてしまうことは珍しくありません。今回は、身近な薬である「かぜ薬」についてのお話です。  

Posted by ははかか at 12:30Comments(0)TrackBack(0)

2015年09月23日

【TGS2015】

バンダイナムコエンターテインメントは、「東京ゲームショウ2015」にて、PS Vitaソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』スペシャルステージを開催しました。

ステージでは、「ガンダム」をはじめとするさまざまアニメやゲームに詳しいタレントの椿姫彩菜さんがシャアのコスプレで司会を担当。バンダイナムコエンターテインメントの小菅寛史プロデューサー、坂田圭右プロデューサーが登壇し、PS Vitaで『EXVS.』が遊べるシリーズ最新作『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』の魅力をたっぷり紹介しました。

◆『EXTREME VS-FORCE』、いきまーす!

「『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』、いきまーす!」とゲストに登場したのはアニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの“アムロ・レイ”役でおなじみ、声優・古谷徹さん。「椿姫ちゃんがシャアで来るって言うから、一応僕は“連邦”ということで。おしりのポケット見てください」と、連邦軍の制服をイメージしたタイトな白いパンツのポケットには連邦軍マークの刺繍入り。「すごいでしょ?自腹で作りました(笑)」と、椿姫さんを驚かせていました。

古谷さんはパソコンやゲームにも大変詳しく、『VS』シリーズの最新作にも興味津々。ゲームの進化について問われると「ファミコンでガンダムのゲームが最初に出て(『機動戦士Zガンダム・ホットスクランブル』)、それから30年なんですって?」「そうですね、来年で30年ぐらいです」

「すごいですよね。最初の頃は、横スクロールとか、3Dのスクロールだけで、ただ敵を撃ち落とすみたいな、そんな感じのゲームだったのが、そのうち吹き出しになって台詞が出て、“アムロいきまーす”とか出るようになって。その頃は、そのゲームをやりながら自分で喋ってましたもん(笑)。“いきまーす!”とか“おちろーおちろー!”とか(笑)。自分だけ音声入りって感じのゲームで楽しんでましたけど(笑)。それから実際に台詞が入るようになって。映像が、すごいクオリティ上がってません?」

椿姫さんは「ビームライフルひとつ取っても、すごくキレイですよね」と「ガンダム」を題材にしたゲームのグラフィックの進化について同意。「すごくリアルですよね。まさに実際に戦場に行って戦っているような気持ちになれちゃいますもんね。そこが凄いなぁと思ってます」と古谷さん。

自身が「ガンダム」に携わり、時代が進んで『ガンダム』のゲームに声優として携わるようになっていったからこそ、感慨深げに語っていました。

◆『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』をおさらい

まずは「SCEJA Press Conference 2015」で公開されたティザーPVを振り返ります。  

Posted by ははかか at 12:57Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月21日

『ストリートファイターV』

カプコンは、先月末にログイン障害のため中断していたシリーズ最新作『ストリートファイターV』のクローズドベータテストを再開すると発表しました。

このテストは日本・アジア地域限定となるもので、期間は日本時間8月22日と8月23日の14時から22時までとなっています。なお、CBTは過去に抽選で当たったユーザーのみが対象です。  

Posted by ははかか at 17:10Comments(0)TrackBack(0)

2015年06月24日

『ライブ・ア・ライブ』Wii Uバーチャルコンソール開始

スクウェア・エニックスは、Wii U向けバーチャルコンソールとして、オムニバスRPG『ライブ・ア・ライブ』を本日2015年6月24日より配信開始した。

●7月にはニコ生で28時間ゲーム実況も!

 スクウェア・エニックスは、Wii U向けバーチャルコンソールとして、オムニバスRPG『ライブ・ア・ライブ』を本日2015年6月24日より配信開始した。

 本作は時田貴司氏が初ディレクションを務めたタイトル。1994年9月にスーパーファミコン向けに発売されてから20周年のアニバーサリーイヤーに、バーチャルコンソールとして復活を遂げる。また今回の配信を記念して、コラボレーションキャンペーンなど、さまざまな20周年企画が展開予定。

[関連記事]『ライブ・ア・ライブ』Wii Uバーチャルコンソールで2015年6月24日に配信決定

 以下、リリースより。


『ライブ・ア・ライブ』20周年記念
Wii Uバーチャルコンソールにて配信スタート
さらに、記念企画も続々と開催!


LAL_ロゴ
 株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐、以下スクウェア・エニックス)は、Wii U向けバーチャルコンソールにおいてオムニバスRPG『ライブ・ア・ライブ』の配信を、本日2015年6月24日(水)より開始いたしました。

 『ライブ・ア・ライブ』は、『クロノトリガー』や、『ファイナルファンタジーIV』などを手掛ける時田貴司の初ディレクションタイトルです。1994年9月にスーパーファミコン向けに発売され、時代や場所、遊び方までも全てが異なる7つの世界で展開する奇抜なゲームシステム、それぞれの世界で個性溢れる主人公たちが織りなすストーリーが好評を博してまいりました。
 その『ライブ・ア・ライブ』が、20周年となるアニバーサリーイヤーに、バーチャルコンソールで復活いたします。また、それを記念して、関連作品におけるコラボレーションキャンペーンをはじめ、さまざまな企画で20周年を盛り上げてまいります。

冒険も驚きもひとつじゃない!ワールド・セレクト採用のオムニバスRPG!
 『ライブ・ア・ライブ』は、1994年に発売されたスーパーファミコン用のロールプレイングゲームです。場所も時代も別々の独立した世界で、それぞれの主人公たちが織りなす7つのシナリオを楽しめます。
 プレイする順番は自由に選ぶことができ、クリアすると次のシナリオが選べます。言葉がない世界やバトルのみの世界、アドベンチャー要素の強いシナリオなど、どれも個性豊かなものばかり。
 7 つのシナリオをクリアするともう一つの世界「中世編」がプレイ可能となり、「中世編」をクリアするとさらに…衝撃の結末があなたを待つ!キャラクターデザインはワールドごとに、青山剛昌先生、石渡治先生、小林よしのり先生、島本和彦先生、田村由美先生、藤原芳秀先生、皆川亮二先生(50音順)の人気漫画家が担当し、それぞれの世界観が魅力的に描かれています。  

Posted by ははかか at 14:51Comments(0)TrackBack(0)ゲーム